So-net無料ブログ作成

脊椎側彎症のバレリーナちゃん [側弯症ケア]

脊椎側彎症のバレリーナちゃん。
ジャイロトニック・セラピューティックアプリケーション脊椎側彎症コースで学んだホームワークシークエンスのみ(フロアエクササイズ)を、40分ほどかけて自らの動き(+呼吸法+目線の誘導)のみで実践してもらい、そのBefore and After写真を撮ってみました。私は動きの指示を出すこと、左右歪めて身体を使ってしまっている場合に口頭で伝えて修正してもらうという感じです。

securedownload.jpg


Before and Afterで、ウェアの捻れ具合でもわかる胸椎の回旋、左の肩関節や肘関節の位置、鎖骨やウエスト、骨盤の捻れなどの改善が見られます。顔を隠してますが、口の歪みもかなり改善されています。
(afterでは左手を開く角度が少し狭いですが。)

※Before and After写真ともに、私は触れておらず、壁に背中をつけて、手を45度ずつ開いて座ってという指示を出しただけのものです。

外部からの力を加えず、また何か道具を使う訳でもなく、自らの動きのみでこのような身体の反応が起きたことは驚きでした。

本人とお母様は、写真を見て驚き喜んでくれました。
今まで側彎症専門の外来やトレーニングもしてくれる整骨院にも通い、側彎症改善のためのエクササイズを普段家でやっていたそうですが、今回のように40分のエクササイズだけで目に見えた変化は初めてだったということです。

もちろんこのように目に見えている反応は一時的なものであり、日々の課題として覚えてもらうために伝えたフロアエクササイズでしたので、これと並行して本題であるマシンを使うジャイロトニック強化していく必要があります。

今回私が受けてきた側彎症プログラムは他でもかなり結果が出せているようですので、これから時間をかけて改善させていけることを願います。

ただ、彼女は身体の使い方の左右差が激しいバレエのコンクールレッスンを毎日ハードに重ねているので、普段運動をしていない人よりも、なかなか手強いかと思います。

それでも彼女は毎日努力してくれるということなので、精一杯サポートしていきたいと思います!!!

今回は一応写真を撮っておこうという感じだったので、次回は背面・側面からも撮っておきたいと思います。

ジャイロトニック・ジャイロキネシス・ダンサーズケア

大阪

Soula

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0